メニュータブをクリックすると楽天で買えるタックルの一部を紹介してあります。

興味のある方はご覧ください(アフィリエイトです。)

チヌかかり釣りタックルについて。

竿

今、メーカーから高い竿がいっぱい出ています。

そんな高い竿を何本も釣り場に持ってきても意味がありません。

状況によって替えるとか言いますが、メーカーに踊らされているだけです。

上達の第一歩は、硬い竿であれやわらかい竿であれ今もっている1本を使い倒す事です。

あれこれ言うのは、そのあとです。

長さは、1.3~1.8mくらいが使い易い。(私は、ほとんど1.5mです。)

がまかつ

アルチメイト

TMが両軸リール用、BHが片軸リール(下向きリール)用です。

一番おすすめできる竿と思っています。

高いですが穂先も3本付いておりコスパは、そんなに悪くないと思います。

しかし極先穂先は、ハリもあり感度は最高ですが折りやすく初心者にはおすすめできません。

新しくがまちぬ競技Ⅲが発売されましたのでそちらが良いと思います。

シマノ

IKADA LIMITEDは、友人の物を少し借りて釣ってみました。

確かに高いだけあってこれだけで全ての釣り場に対応します。

しかし、それがかえっていけないと思います。

1本の竿を使い込んでからでないと持て余すオーバースペックです。

私は、セイハコウをお勧めします。

さくら

価格も手ごろで種類も豊富です。

今はやりの細い竿ではありませんが良い竿が多くおすすめです。

潮の緩い釣り場でさくら伊勢という竿を使っていますが初めて年なしを釣った竿です。

NISSIN

他メーカーに比べ安いですが問題ありません。

私は、好きなメーカーです。

黒鯛工房

使った事がありません。(穂先だけ使った事がありますが。)

値段が高すぎます。

Daiwa

昔は使っていましたが最近の竿は使っていませんのでコメントできません。

以前、メタル穂先の竿を買いましたが、私の好みの竿ではありませんでした。

(折れないから良いと思ったんですけどね)

リール

まず右利きの人は左巻き、左利きの人は右巻きを買ってください。

竿は利き腕でないと細かい誘いや操作ができません。

ですから右利きの人が両軸を買うとなるとシマノしかありません。

下向きリールはメーカー品でしたらどれを買っても後悔はしないと思います。

私は、黒鯛工房のLIMITED65W、ダイワバイキングST44、シマノRC83、チヌマチック1001SPを使っていますが一度買えばメインテナンスさえきっちりやっていれば10~20年問題なく使えます。

今、はやりのリールは下向きの片軸リールです。

これは、JFTなどの競技指向からだと思います。

鳴門や天草のように潮の流れが速い釣り場ではラインを出す操作が不可欠です。

でも両軸の良さもあります。

超大型が来てもホールド感もよくやり取りが楽です。

ボラを掛けたとしてもポイントをあまり荒らさず引き抜けます。

どちらが良いかと言うより両方あった方がいいです。

ライン

筏用として出ているものが良いでしょう。

限界点が高いです。

値段も結構高いです。

以前は、巻き替えスプールを使い2回使ったら巻き替え、反対側を2回使っていましたが、今は一回ごとに新しいラインを使っています。

その代わり安いフロロカーボンのラインを使っています。

傷が入っていたら高いラインも一発で切られます。

 

救命胴衣(ライフジャケット)

正直言うとライフジャケットを着ていれば助かるとは思っていません。

少しでも助かる可能性が高くなるのと、死んでも遺体の発見される可能性が高くなると思っています。

家族にとって事故で遺体が上がらないほどつらいものはものはないですから!

渡船店でも貸してもらえると思いますので必ずライフジャケットを着けましょう。

買うなら自動膨張式のものが良いです。

それと消耗品ですので定期的に点検が必要です。

以前古くなったライフジャケットを試しに水に漬けたところ全く膨張しませんでした。

ほとんどお守り状態のライフジャケットでした。

 

その他必要なもの

あとは、

玉網:すくえればなんでもOK。

ハリ:チヌバリ1号~6号(エサに合わせてサイズを決める)

ガン玉:B~8B

中通しおもり:1号~3号程度

その他あると便利なもの

どうしても荷物の増える釣りですが荷物はできるだけ減らしたいものです。

でも夏場の猛暑にはパラソルは必需品です。

今、私はバイク釣行なので持っていけません。

暑さで倒れれば釣りどころか命も危ないです。

無くても釣りはできるが必要です。