はじめての筏釣り

はじめて筏で釣りをやってみたい方へ

筏に行って釣りをして見たいが一人では行きにくいなあと思っている方へ
出来れば経験者の方と行くのが一番ですが心配はありません。
渡船店に行ったらサングラスをかけた怖そうな人たちがいっぱいいますが意外に良い人ばかりです。
まずは渡船店にTELして情報を収集してください。

釣り場紹介で行った事のある渡船店を載せてありますが全て自信をもっておすすめできる渡船店です。

筏で釣りを楽しみましょう。

 

筏ってどんなとこ

漁師さんたちが作業用に使っていた筏、牡蠣の養殖筏、釣りのために作った筏など様々なタイプがあります。

大型の筏や屋根付き筏など様々な筏があります。

北は、秋田男鹿半島から南は鹿児島錦江湾まであります。

一日ゆっくりと、じっくり釣りを楽しめるのが筏の良いところです。

魚種が多い良いポイント

釣れる魚種は、黒鯛ををはじめ真鯛、ひらめ、鯵、青物、ガシラ(カサゴ)、カワハギ、アオリイカ、タコと数え上げればきりがありません。

殆どは、景色の美しい内湾で穏やかな海にあります。

そのため舟釣と違いあまり酔うことがありません。

ここでは、チヌ(クロダイ)釣りを説明していますが筏での釣はチヌだけではありません。

いろんな魚がいろんな釣り方で釣れますのでぜひ挑戦してみてください。

筏のチヌ(クロダイ)釣りは難しいか?

そんなことは、ありません。

なかなか釣りの初心者には敷居の高い感じのする釣りですが実際はそうでもありません。

釣れるときは簡単に釣れます。

奥が深いのは確かですが!

一番難しいのは、ハリを結ぶ事です。(家で練習あるのみ)

必要な道具

チヌのかかり釣り(団子釣り)の場合

筏竿:1.5m~1.8m位が使いやすい。

リール:筏用のもの

ライン:フロロカーボン1.5号~2号程度

はり:チヌばり2号~5号程度

ガン玉:B~8B

中通しおもり:1号~3号

玉網:すくえれば何でもOKですが思わぬ大物が釣れたりしますので頑丈なものが良。

団子桶・バケツ:ほとんどの渡船店で貸してもらえます。

タオル:2枚程度

イス:クーラーに座布団でもOk

その他:スカリ又はストリンガー、ハサミや針はずしなど

仕掛け

しかけ①

リールに巻いてあるラインをガイドに通してハリを結ぶ。

これだけです。

あとはガン玉を付けたり外したりするだけ。

しかけ②

中通しおもりにラインを通しつまようじと浮き止めゴムで固定しハリを結ぶ。

(固定するのは、おもりの下側です。)

遊動式の仕掛けです。

 

釣り方(基本動作)

1、エサをハリに刺し集魚材の中に入れ団子状にし海底まで届ける。
 2、しばらくすると集魚材がばらけ中からエサが出ます。

3、穂先を下げるか少し糸を出してエサを海底にキープします。

3、小さなアタリでは合わさずに穂先が大きく曲がれば合わせます。

  (チヌのアタリは穂先が戻らないです。)

4、しばらく待ってもアタリがない場合巻き上げて同じ動作を繰り返します。

アドバイス

団子は、毎回同じものを使ってください。(意外と重要)

馴れるまで団子は、メーカー製の同じものを使い指示のある量の水を足してください。

それと色々と集魚材を加えない。(入れてもサナギ程度)

早く釣りたいでしょうが、しっかり混ぜ水分を全体に馴染ませてください。

※ある程度コツがつかめたら集魚材などは、ご自分で試行錯誤してみてください。

アタリすらない時

何も魚がいないと考えるか、もしかして大きい魚がいて小魚がエサを喰えないと考えるか?

プラス思考でモチベーションを維持しましょう。

魚がいないと思ったら釣りは終わり、魚は釣れません。

海底や中層の状態をイメージする

自分のイメージと全く違った状態かも知れませんがそれでOKです。

エサ

様々なエサがありますが代表的的なものは以下です。

地域や季節によっては手に入りにくいものもあります。

1~3をベースに後は好みで選んでください。

当日のアタリエサは、有りますがボケしか喰わないとか言ったことは絶対ありません。

1、オキアミ

2、サナギ

3、スイートコーン(安い缶詰でOK:間違ってクリームタイプは買わないで)

4、生きエビ

5、練り餌

6、カラス貝

7、あけみ貝

8、ボケ(日本すなもぐり)

知っておいた方が良いこと。

釣り時間

釣り場によっては時間が決められています。

日出から日没までとかPM3:00までとか

事前に渡船店で確認してください。

トイレ

簡易トイレが設置してある筏もありますが女性にはきついと思います。

もしトイレがなくても渡船店へTELすれば迎えに来てトイレに連れて行ってくれますので遠慮せずにお願いしてください。

食事

持参が基本です。

渡船店の中には、受付時お願いすれば弁当を届けてくれるサービスもあります。

事前に確認してください。

食事中は、頭上注意・・・・・トンビが弁当を狙っています。

忘れ物

筏に乗ってしまえば周りは海しかありません。

いくらお金があっても何も買えません。

事前にチェックしてください。

特に以下の物

携帯、飲料、雨具、ライフジャケット(渡船店でも貸してくれるとこもあります。)

私は、釣竿を忘れていたことがあります。

帰り方

爆釣したからもう帰りたい。と思ったら渡船店にTELすれば迎えに来てくれます。

また、定期的に見回りに来る渡船屋さんが多いのでその時に手を振って叫んでください。

筏でのマナー

筏での釣りは、チヌに限りません。

いろんな魚種が釣れますので釣り方は自由です。

しかし

チヌ(クロダイ)釣りの以外の場合

チヌ(クロダイ)の団子釣りをやっている横でアオリイカを釣ってやろうと餌木をしゃくったり鯵の泳がせをやったりすればお互い楽しくありません。

事前に渡船店に団子でチヌを釣りたいとか五目釣りをしたいとかアオリイカを釣りたいとか伝えればたいがいの渡船店では筏を分けて乗せてもらえます。

中には、分けずに同じ筏に乗せる所もありますがその時はお互い大人の対応で。

お互いを思いやれる人であってほしいと思います。

チヌ(クロダイ)釣りの場合

自分の釣り場所を決めたら集魚の団子を海に投入して自分のポイントを作る釣りです。

自分が釣れないからと言って釣れている人のそばに移動して釣るのはダメです。

ベテランの方でもこう言う人を見ることがあります。

 

いくつか筏があっても好調な筏もあればイマイチの場合もあります。

チヌの釣れない理由をポイントの違いだと考えていては絶対上手くなりません。

あそこの筏に乗りたかったのにのせてくれない等と言っているうちはチヌはあまり釣れないと思います。

渡船店に八つ当たりしないでほしいし他の釣り人もいい気はしません。

常連しか乗せないと愚痴を言うのであれば常連になれば良いだけです。

その他常識(こんなのは書きたくないが)

大騒ぎしない、海に入らない、割り込まない、ごみを捨てない、裸にならない、筏の上で暴れない。

ごみは、できるだけ一か所にかため風で飛ばされないようにしてください。

注意していても突風なんかで飛ばされやすいですから。

ライフジャケットを着けてください。

ライフジャケットだけでは、身を守れません。

心づもりとして「自分の身は自分で守る」これしかありません。

少しでも助かる可能性が高まるのであればライフジャケットは着用すべきです。

渡船店でも貸してくれます。